トップ > 安全対策

安全対策



安全方針

1. 経営トップの責務 輸送の安全確保の最終責任を有する
輸送の安全確保に関し予算の確保、体制の構築等必要な措置を講じる
PDCAで安全確保の為の業務の実施、管理状況を確認し改善する
2. 社内組織の構築 安全品質部を本社に置き安全管理体制を整備、維持する
各所に安全担当者を置き安全かつ遵法に運行管理する
各所に運行指導員を置き現場の作業安全を推進する
3. 安全方針 事故未然防止施策を策定する
事故再発防止施策を策定する
安全行動指針『安全推進目標』を定める
4. 重点施策の策定 事故削減目標を定め安全を最優先する
グループ企業は密着して協力体制を構築し、安全性の向上に努める
協力会社へ自社と同レベルの輸送安全教育を行う
5. 目標設定 期初に目標を定め交通事故「0」を推進する。
期初に目標を定め商品事故削減、輸送品質向上に努める
期初に教育研修の日程を定める
6. 推進計画作成 安全活動計画書を作成する
7. 重要施策の実施 関係部所に、本方針を周知しその推進と維持に努める
輸送の安全に関する方針、目標達成に向けた施策を確実に遂行する
8. 安全への投資 期初に安全に関する設備投資を計画する
   ハード ⇒ デジタコソフト・ドライブレコーダー等
   ソフト ⇒ 社員教育(管理監督者、安全運転研修/外部研修)
9. 情報共有と伝達 安全担当者、運行指導員会議を開催し情報共有する
関係部所に安全通達し対策の水平展開をする
ノーツで安全情報開示し情報共有する
10. 事故等の報告連絡 緊急連絡網を整備する。(事故・災害)
事故(異常)の報告連絡体制と規定を定める
事故報告は規定の書式で統一する
11. 安全教育と研修 運行管理者をレベルアップさせる教育を行う
運転者の年齢・経験・能力に応じた教育を行う
運行管理者、運転者を積極的に外部研修に参加させる
12. マネージメントの維持 本方針は、公開可能な状態で維持する

運転者の研修

管理者の研修

詳しくは社内研修制度をご覧下さい

MENU

グループトップ

ページのトップへ戻る